2022年抱負 - 数学と機械学習、楽器をやっていく

January 01, 2022

紅白の藤井風さん、とても良かったなーと思いつつ、恒例の年初抱負を書いてみる。

技術

今年は私生活が忙しくなりそうなので、プライベートの時間でやる技術は思い切って絞ってみる。

新規にやること

数学

プログラマーとして社会人になったけど高校数学を1から独学しているを書いた時に勉強して以来、約4年半ぶりのチャレンジ。前回は長岡の教科書2+Bを終えたところで止まってしまったので、最低限高校数学までは履修したい。海外の教材も選択肢に入れて勉強していきたい。

機械学習

何のために数学を学ぶかというとこれ。
仕事を通じてある程度Webアプリケーション周辺のプログラミングは慣れてきた感があって(もちろんまだまだな部分がとても多いのだけど)、何か新しいことにチャレンジしてみたいと思ったというのが動機。
その時に思いついた技術として、ブロックチェーン、XR、機械学習があった。
ブロックチェーンはまだ自分の頭では本当に実用的なのか判断が難しく様子を見たいと思い、XRはまずコンシューマーとして遊んでみたいと思った。
最後に残った機械学習は既に十分に実用されていて、これからも必要になる技術だろうと見たのでやってみることにした。 Kaggleみたいなコンテストがあり、ゲーム的に学ぶこともできそうと思ったのも理由。極めるのが難しそうなのも難しい物好きな自分には合っていそう。
これをどう仕事に活かすかとかは考えてないが、知的好奇心頼りに進めていくつもりだ。

引き続き

Go

去年は自分の中でGoの年と言って良かったと思う。引き続き業界全体としても、自分の周りでも、主要な言語として使われていくであろうから、1.18のキャッチアップや並行処理の勉強などやっていこうと思う。

その他

あとは業務効率化をミッションの1つにしているチームに所属していることもあり、Slackの新機能がかなり気になっているため、そこに使用される技術であるTypeScriptとDenoも追っていきたいと思っている。

趣味

楽器

楽器をやっていきたい。紅白の藤井風さんを観て改めて思った。
色々やっていきたいが、昨年末のサカナクションのライブで間近に見た草刈愛美さんがかっこよかったので、まずはベースにしようと思っている。
去年ストラトを思い切って買ったが眠らせてしまっているので、ギターもやっていきたいところ。ギター1本で人前で披露できるのはとても良いので、弾き語りできるようにもなりたい。となると高い声が苦手なのでボイトレも必要そう。
コロナの状況しだいで教室にも通ってみたいと思っている。何かの教室に通うという体験はしばらくやってないので良いのではという期待から。島村楽器だと年1でホールでの発表の機会があるとのことなので気になっている。

XR

技術のところでも触れたが、XRの可能性を探ってくために色々触れてみたい。Quest 2は昨年末に買った。まずはValve Indexを買ったのにすぐ売っ払って未クリアのHalf-Life: Alyxをクリアしたい。

まとめ

こんな感じだろうか。
やることは最小限に、あまり根を詰めずに余裕のある豊かな日々を送れたらと思っている。

いい年にしていくぞ。


Takayuki Nagatomi 永冨隆之
Takayuki Nagatomi 永冨隆之

1985年に生まれて以来ずっと福岡在住。高校を1年で中退後、引きこもって海外ゲームばかり遊んでいたら英語が得意になり、TOEICスコア960を獲得。

英語が得意なら言語を扱うプログラミングも向いているのではないかという恩師の勧めにより26歳の時に情報系の専門学校に入学。

29歳にしてソフトウェア・エンジニアとしてのキャリアをスタートした、レールの無い道を行くプログラマーです。

現職:GMOペパボ株式会社